68才でも借りれる金融会社はどこ どうしてもお金を作る必要あるなら

68才でも借りれる金融会社

68才でも借りれる金融会社はどこ どうしてもお金を作る必要あるなら

 

通常、キャッシングやローン、クレジットなどで融資をしてもらう場合には、貸付対象者の条件として、「審査申込み時点で20歳以上65歳未満の安定した収入と返済能力を有する方」という条件になっている場合が多く、65歳以上になると融資をしてくれる金融機関や消費者金融が非常に限られてきます。

 

しかし、中には68才でも借りれる柔軟な消費者金融業者もありますので、安心してください。

 

とくに、69歳までの方(満70歳になられてない方)で、パート・アルバイトの方でも安定収入があれば、申し込みをすることができるカードローンもあります。

 

それでは、パートやアルバイトをしていない遠近生活者の場合には、どうなるのでしょうか。年金生活者だと、カードローンの審査で落ちるのではないか?と思われる方がほとんどですが、実際にはそのようなことはありません。

 

年金は、カードローンの審査においては、一定の安定収入であるととみなされますので、一年間の支給総額を、年収欄として記入すれば、なんら問題ありません。むしろ、いまの日本の不安定な経済の中では、公的に確実に支給される年金の方が、いつ倒産してしまうかも分からないような中小企業よりも安定していると思われるのではないでしょうか。

 

 

年金収入というのは、そういった意味でも、かなり強みがあると考えられます。次に、年齢のことが問題となってきます。高齢になってくるとお金を借りにくいという認識が広がっていくのは、高齢者になれば、お金を返せなくなる状況が突然やって来るかもしれないから、ということです。

 

もちろん、若い方でも乙全お金を返せなくなるような状況というにはあり得ることですが、高齢者の場合には、さらにリスクが高いとされています。

 

しかし、消費者金融業者や金融機関側としても、そういったことは十分に考えていますので、そういった危険性が低い年代までを対象として、融資をするようにしています。世界中でも最も長生きと言われている日本人の場合は、68歳でも、まだまだ多くの金融機関が積極的に融資を行ってくれる年齢ですので、心配する必要はありません。

 

なかには、50万円までであれば、運転免許証や各種健康保険証、パスポートなどの本人確認書類だけ提出すれば借りることができて、契約の際に、給与明細書や納税証明書、確定申告書などの年収の分かる収入証明書なども一切不要で融資をしてもらえます。

 

もちろん、担保や保証人なども不要で、審査のうえ借りることができます。金利なども、とくに高金利というわけではなく、4.5%〜18.0%程度と、通常の金利と変わりありません。審査時間も20分〜30分ほどで、審査に通過すれば当日中に融資をしてもらえます。

 

もしも、少しでも早めに融資をしてもらいたいという場合には、朝早めの時間に審査申し込みを行い、午後14時までに契約手続きを済ませるようにしましょう。最近は、ほとんどの消費者金融会社が、土日や祝日なども融資を受ける事ができますので、いつでもどこでも簡単に借り入れをすることが可能となっています。

 

融資額などは、消費者金融会社によっても若干異なりますが、500万円まで融資が受けられるところなどもあり、使途などはとくに関係なく、自由な用途で融資を受ける事ができます。

 

なかには、初めてカードローンやキャッシングを利用する方には、1週間から30日間くらいの期間は無利息で融資してもらえるなど、さまざまなサービスを受けられる場合もあり、さらにお得に利用する事ができます。

 

68才でも借りれるカードローンは、意外とたくさんの中から選ぶことができますので、ご自身にあったスタイルの金融機関や消費者金融業者を探してみましょう。